縦のラインに目線が行く工夫を

低身長でしかもぼっちゃり型。こんな体型だと着られるものも限られてしまいうのでは…と思いがちです。少しでも高身長に、少しでも細く見えるように、という目の錯覚を利用したコーデで体型カバーをする方法を考えましょう。

まずは色のマジックです。少しでも膨張した感じを避けるためには膨張色をアウターとして着用するのは避けた方が良さそう。春なので軽く羽織れるカーディガンやロングシャツで出かける方が多いと思いますが、春らしいパステルなカラーよりもグッと引き締まったダークカラーをおすすめします。
少しでも高身長に見せるために、そのダークなカラーに合わせた帽子、ハイヒールなどかかとの高めな靴で少しでも縦に視線が向かうようにしましょう。その代わりアウターの下には春らしいカラーでメリハリをつければアウターの縦のカラーの延びが引き立ちます。

さらに低身長の着こなしとしてよく紹介されている、トップスをボトムスやスカートの中にインする方法ですが、ポッチャリさんの場合はこれが逆効果です。
トップスとボトムスの境目がはっきり分かれてしまうとその境界線(ウエスト)に目がどうしても行ってしまいます。ポッチャリ体型の方なら、出来るだけ視線をウエストなどのボディーラインからそらす工夫が必要です。
いっそワンピースにするか、そうでなければ腰周りの隠れるトップスの着用がおススメです。ただそれだと足が短く見えたり背の低さが悪目立ちしないか心配だと思います。
そこで二番目に柄のマジックをご提案します。縦のラインに少しでも目が行くように縦のストライプ、あるいはスカーフをわざと首から長めに下げておきます。目線が足でなくトップスのストライプの柄やスカーフに目が行くのでウエストや足から目をそらすことも出来ます。以上のようにカラーと柄、小物遣いの工夫で低身長とポッチャリをカバーできます。