セットアップニットで上品に

ニットのセットアップは、カジュアルさの中に女性らしい上品さを漂わせてくれます。1セットでさらりと着ることができるので、コーディネートに困らないのもいいところ。今年はパンツもスカートも長めの丈が旬です!固くなりすぎず、しっかりとした印象を持たせたいときにおすすめです。カラーは、今年はブラウン系が一押し!ダークブラウンのセットアップは、高潔さ上品さを引き出してくれます。パールのネックレスやピアスを合わせると、一気にきれいめコーディネートに。ディナーなど夜お出かけにもぴったりです。またオフホワイトは、可愛らしさや柔らかさ、親しみやすさを感じさせてくれます。デートに着てきたい色味です!その日の気分やシチュエーションによって、色のチョイスを変えてみると一日がより楽しくなりそう!インナーに異素材のシャツを合わせると、ニットの重さとシャツの軽さで、コーディネートにメリハリが出ます!スニーカー、ブーツ、ヒールをアクセントに使いこなして、ワンランクの上のおしゃれにも挑戦してみたいですね!また、今年は肩や背中が露出しているデザインも人気です!ワンショルダーで片方だけ肩見せしたりビッグシルエットなのに背中が少し開いていたり、攻めすぎないギャップにどきっとする男子は多いのでは?自分にぴったり合うニットセットアップを見つけたいですね!

大柄でもOK!秋冬トレンド情報

今年の秋冬コレクション、どのブランドも出そろいましたが、いち早く取り入れたいものです。秋冬のトレンドとなるレディースファションは今年もどれも取り入れやすいものとなっています。まず今年のトレンドカラーはパープルです。パープルと言っても色調は幅広く、赤紫からラベンダー、ネイビーに近い紫まで色々楽しめます。大きめサイズの方なら濃いめのパープルも素敵です。またサテン生地も今年はトレンドなのでサテン地のパープルもおすすめです。今年流行のアイテムといえばケープ。近年様々なタイプのケープが出ていますが上手に選ぶ事で太めの二の腕もカバーすることができるので是非取り入れたいアイテムです。また今年はフェザーが流行するようです。ファーだと首元がきつそうで取り入れにくかった方には朗報です。フェザーはファーより軽めでむくむくならず割と万能なアイテムです。風になびくファーがお顔が小さく見せてくれるのも嬉しい効果です。またベルトでウエストをマークしたスーツも流行の兆しを見せています。ベルトをすることでウエストを強調し細く見せてくれます。サイズはオーバーサイズ、袖丈であったりジャケット着丈長めのスーツに合わせるのがおしゃれです。

ナチュラルファッションの変更点

シンプルな服装は女性には大きく支持されています。ナチュラルなファッションも今は高い人気を誇っています。女性はそういうナチュラルファッションが好きなのでコーディネートが多いです。特に秋冬の女性のナチュラルファッションではアイテム数が増えています。重要になっているのが利用するアイテムを上手く変更することです。例えばトップスやスカートなども臨機応変に使うことが重要です。秋冬の女性のナチュラルファッションでは必然的にアイテム数が増えます。その理由は気温が低下して服を多く着るからです。つまりナチュラルファッションをする際には重ねることを意識します。重ねていけば重苦しい感じになります。ナチュラルファッションなのでスマートに着こなすことも大事です。この重苦しい感じを隠すことが秋冬の女性のナチュラルファッションの課題です。例えば薄いアイテムを何着も着ることで、重苦しい感じは消えるのでオススメです。秋冬の女性のナチュラルファッションには生地が太くないアイテムが多いです。つまりこれをコーディネートに入れることで見た目が改善します。場合によっては似合わないアイテムを変更することもオススメです。組み合わせ次第で秋冬の女性のナチュラルファッションは幅が出ます。

秋の着やせコーデは?

秋になるとだんだん寒くなってくるので重ね着したら着ぶくれしてしまうという悩みがあります。着ぶくれしないように細く見せるコーディネートがしたいですね。秋に着たくなるのがニットですが、ニットを着るときは細身のアイテムと合わせると華奢に見せることができます。ニットのミニワンピを着るならロングブーツを合わせて足を細く見せるという方法もおすすめです。スキニーパンツは下半身を細く見せる効果があるので、黒のスキニーパンツにゆるっとしたニットを合わせれば着やせして見えます。ロングスカートも秋に着たくなるアイテムですが、ロングスカートはタイトなものの場合、Iラインを強調できるようにコーディネートするのが良いです。小物も使って視線が上に集まるようにするのが着やせするコツです。ジャケットを選ぶ時はあえてボタンを開けて着るコーディネートがおすすめです。ボタンを留めてしまうとダボっとした印象になってしまいやすいのでボタンを開けて重ね着します。ロングジャケットとミニスカートの組み合わせは華奢に見えます。秋は柄や色でも引き締め効果を出しやすいので、選ぶ色も注意してみてください。今年は紫がおすすめのカラーなのでぜひ取り入れてみてください。

秋色を着こなして季節感を出そう

夏場は涼し気な色を好んで着ますが秋になるとやっぱり秋らしい色を着たくなりますね。代表的な秋色はやはり茶色系です。ベージュ、ブラウン、焦げ茶、カラシ色など。夏場は見るだけで暑苦しくなる色たちも秋にはしっくりと馴染みます。これをメインカラーにして紺色や黒、グレーなどと合わせるとまとまると思います。
また秋に着てしっくりくるのは紫色や深緑色ですね。濃いめの色が良く似合う季節なので赤やオレンジ、濃い色のピンクなどを差し色に使うと綺麗に決まると思います。他におすすめは濃いめの黄色ですね。下手をすると悪目立ちするので難しいですが小物に使うなど上手にコーディネートすると良いと思います。生地も重要です。秋らしさを演出するには夏のように薄手の生地よりも少し厚い生地を選ぶと良いですね。ジャージの生地など良いと思います。少し肌寒い時はベルベットなどを着ると一気に秋らしくなりますね。あとはツィードなども秋っぽくて良いです。薄手のニットなども良いですね。生地の柄だとチェック柄が似合う季節でもあります。秋は気温の変化もあり生地選びは大変ですが、それだけに今日は何を着ようかと楽しめる時期でもあります。羽織ものを一枚用意すると寒暖差に備えることが出来ますよ。冬場はコートの下に服を隠しがちですよね。秋は華やかな色が似合う季節、上手にコーディネートしておしゃれを楽しみましょう。

二の腕カバーは袖丈と幅がポイント

薄着になると気になるさまざまなボディパーツ。全体的にぽっちゃりしているわけでもない女性でも、二の腕だけがなんだか自信ない…という声もよく聞きますよね。二の腕をカバーできるナチュラルでオシャレな大人のトップスファッションでどんなものがあるのかご存知ですか?まずはトップスのバランスです。二の腕のもっとも太い部分を強調するようなぴったりフィットするニット系デザインは避けましょう。ムキムキマッチョに見えてしまいます。パフスリーブもかわいいですが、特に注意が必要なアイテムです。同じキュート系ならフリルがふんだんにあしらわれたタイプがおすすめ。さらにノースリーブはバッドアイテムと思われがちですが、肩幅の広さに気を付ければ逆に着やせして見えます。肩を覆うような幅広なタンクトップ型で、なおかつ引き締まって見えるカラーをセレクトすれば、二の腕がほっそりした印象に。そして袖丈も重要なポイント。袖が短いトップスなら、前述の通り、肩幅広めのノースリーブ、袖ありの場合は七分丈がベスト。理由は腕の中で一番細い手首をバランスよく露出するから。五分袖も二の腕カバーには向いていますが、より細く見えるのは七分丈です。とにかく二の腕カバーには、相手にどう見えているかを考えることが大切。カラーや袖丈、袖幅をじっくり検討して洋服をチョイスしましょう。

オシャレな女性服で体型隠し

私もですが体型が標準でないポッチャリさんだと着るものが大変です。
ちなみに私でいうと13号、LLか下手をすると3Lですね。
着映えというものから程遠く、何となく入るものを着ていた私ですがあるアイテムに出会ってからグーンとオシャレが楽しくなりました。
そのアイテムとは「コクーンタイプワンピース」です。
パッと見はただのテロンとしたワンピースです。
でも侮るなかれ、細みえさせるように計算されて作られています。
一番のポイントは腰のあたりからすぼまったシルエットです。
長さはお尻をすっぽりと隠せるくらいで裾が足に向かってすぼまっているので横幅があるように見えないのです。
効果は絶大で、普通のすぼまっていないAラインなどのワンピースを着ると違いが良く分かります。
コクーンタイプのほうが明らかに細く見えるのです。
袖口は七分のものが多いのですが、これも細い手首をあえて見せることで着痩せ効果を狙っていると思います。
コクーンワンピースに出会ってからほぼ制服のように愛用するようになってしまいました。
シルエットを楽しむ服なので柄物は少ない印象です。
でも色々な色を楽しめるのとシンプルなので着まわしもしやすく小物との相性も良いですよ。
あまりに愛用しすぎて飽きてしまうことがあるのが欠点と言えば欠点です。
太め体型からオシャレを諦めてしまっている方がいたら是非一度試してほしいですね。

スタイルが良く見える服の条件

女性の方が洋服を選ぶ際にはオシャレ感や流行を意識した大きいサイズのコートをぽっちゃり女性のしますが、その一方で、スタイルが良く見えるかどうかもチェックして選ぶことが多いでしょう。どんなに流行している洋服でも、自分にとってスタイルが良く見えない場合は購入しないことが多いかもしれません。人それぞれ体系が違うため、スタイルが良く見える服の条件は一概には定義しにくいものです。しかしどんな体型の人でも、スタイルが良く見えるロング丈のカーディガンが50代の女性には人気服というものも存在します。例えば最近人気の、ワイド系パンツやロングスカートなどはその代表格です。このタイプの洋服の特徴は、体型を拾わないデザインということです。ヒップラインや脚のラインが全くで出ないため、スタイルが良く見えやすいのです。体型に自信が無い方でも気兼ねなく着用でき、その上裾に向って広がるラインは、足長効果があります。コレと同様にトップスも、ゆったりサイズのシャツやカットソーがスタイル良く見えやすい傾向があります。同じくボディラインを拾わず、さらに腕や首元が痩せて見えやすいメリットがあります。このスタイルの洋服も流行傾向があり、ワイド系パンツと合わせる場合はショート丈のトップスを選ぶことで、スタイル良く見えます。

美脚パンツのチカラ

男性の皆さんに美脚と聞いたらほとんどの人が生脚、スカートから見える脚と連想すると思います。美脚は生脚やスカートだけではありません。女性からすると綺麗にパンツを履きこなしていると美脚と感じるはずです。しかし女性の中でも自分は脚が太いから、脚が短いから美脚なんて無理と感じる人はたくさんいると思います。例えば生脚よりもストッキングを履いた方が美脚に見えるように、これらの悩みも美脚に見えるようなナチュラルファッションや大人なパンツの履きこなし方次第で自分が思っている自分の脚を超えるような美脚は作れると思います。脚の悩みによってはパンツの選び方次第で見違える程美脚に近づいていくと思います。例えば、自分は脚が短いと悩んでいる方がいましたらトップスをパンツにインして脚を長く見せたら、縦ストライプ模様のパンツを選んだりすると脚が長く見える大きいサイズのロングパンツを通販で効果が出ます。目立つベルトなどをしてウエストマークをするとよりいっそう効果が高まると思います。別の悩みで自分は脚が太い、筋肉質でがっちりしているという人がいたらテロテロした柔らかい素材のものを選んだり、ガウチョパンツを選ぶと脚の肉を拾わないで美しいパンツのラインが出て美脚効果があります。私もテラテラ素材パンツは重宝していて、本当にオススメです。

大人のスカート選びでのポイント

スカートは年齢に関係なく着続けたいと思います。しかし、スカート選びは年齢を重ねるほどの難しくなる事も事実だと思います。まず、10代~20代の頃はミニスカートを履いていても特に違和感はなくて、フレッシュさを感じられるものだと思いますが、40代~50代の大人女子がおもむろにミニスカートは履いていると、一見、下品に見られてしまうものだと思います。もちろん、年齢に関係なく、鍛え上げたボディの女性はいつまで経ってもミニスカートを履きたいと思うものかも知れませんが、自分が思うのと、他人が評価するのに温度差があると思います。

そこで、私が考える大人のスカート選びのポイントはいくつかあります。
まず、大人のスカートは丈の長さがとても重要だと考えます。まず、基本的に膝ががっつりと出てしまうようなタイプのスカートを避けた方が良いと思います。膝は年齢がとても出やすい場所なので、どんなにお手入れをしていても、膝の老化はあります。なので、なるべく膝を見せないような丈のスカートを選ぶことを重視しています。

次に生地です。大人のスカート選びにおいて、とろみ感が強すぎるスカートは着こなしが難しいと思います。生地はある程度、しっかりしたものを選ぶのがベターです。ヒップの形などが分りすぎる生地のものは避けるべきです。
この二つを意識してスカート選ぶと失敗がないように思います。