美脚パンツのチカラ

男性の皆さんに美脚と聞いたらほとんどの人が生脚、スカートから見える脚と連想すると思います。美脚は生脚やスカートだけではありません。女性からすると綺麗にパンツを履きこなしていると美脚と感じるはずです。しかし女性の中でも自分は脚が太いから、脚が短いから美脚なんて無理と感じる人はたくさんいると思います。例えば生脚よりもストッキングを履いた方が美脚に見えるように、これらの悩みも美脚に見えるようなナチュラルファッションや大人なパンツの履きこなし方次第で自分が思っている自分の脚を超えるような美脚は作れると思います。脚の悩みによってはパンツの選び方次第で見違える程美脚に近づいていくと思います。例えば、自分は脚が短いと悩んでいる方がいましたらトップスをパンツにインして脚を長く見せたら、縦ストライプ模様のパンツを選んだりすると脚が長く見える大きいサイズのロングパンツを通販で効果が出ます。目立つベルトなどをしてウエストマークをするとよりいっそう効果が高まると思います。別の悩みで自分は脚が太い、筋肉質でがっちりしているという人がいたらテロテロした柔らかい素材のものを選んだり、ガウチョパンツを選ぶと脚の肉を拾わないで美しいパンツのラインが出て美脚効果があります。私もテラテラ素材パンツは重宝していて、本当にオススメです。

大人のスカート選びでのポイント

スカートは年齢に関係なく着続けたいと思います。しかし、スカート選びは年齢を重ねるほどの難しくなる事も事実だと思います。まず、10代~20代の頃はミニスカートを履いていても特に違和感はなくて、フレッシュさを感じられるものだと思いますが、40代~50代の大人女子がおもむろにミニスカートは履いていると、一見、下品に見られてしまうものだと思います。もちろん、年齢に関係なく、鍛え上げたボディの女性はいつまで経ってもミニスカートを履きたいと思うものかも知れませんが、自分が思うのと、他人が評価するのに温度差があると思います。

そこで、私が考える大人のスカート選びのポイントはいくつかあります。
まず、大人のスカートは丈の長さがとても重要だと考えます。まず、基本的に膝ががっつりと出てしまうようなタイプのスカートを避けた方が良いと思います。膝は年齢がとても出やすい場所なので、どんなにお手入れをしていても、膝の老化はあります。なので、なるべく膝を見せないような丈のスカートを選ぶことを重視しています。

次に生地です。大人のスカート選びにおいて、とろみ感が強すぎるスカートは着こなしが難しいと思います。生地はある程度、しっかりしたものを選ぶのがベターです。ヒップの形などが分りすぎる生地のものは避けるべきです。
この二つを意識してスカート選ぶと失敗がないように思います。

ナチュラルワンピースの着こなし

ゆったりと余裕のあるシルエットが特徴的なナチュラル系ファッションは、シンプルなデザインと優しい色合いから、着こなす人を大人な印象に見せてくれます。中でもワンピースは、1枚で簡単にナチュラルテイストなコーデができるため初心者にもおすすめです。しかし、ナチュラル系ワンピースの着こなしは敷居が高いと感じている人もいるのではないでしょうか?そんな人のために、ナチュラル系ワンピースの選び方や着こなしのコツをご紹介します。まずは先にワンピースの形を選びましょう。体型に合わない丈や形のワンピースを選んでしまうと、実際以上に太って見えてしまうこともあるので、必ず試着して確認してください。柄や色は好みのものを買うのが一番ですが、柄・色にも体型や顔に合う合わないがあるので、買う前に試着をするのが無難です。自分に似合う素敵なナチュラル系ワンピースが見つかったら、いよいよ着こなしです。ワンピース1枚着るだけでも着こなしとしては十分なのですが、敷居が高いと感じる人には羽織ものを1枚合わせましょう。柄物のワンピースには無地のカーディガン、無地のワンピースには柄物のストールがよくマッチします。自分に合ったワンピースやコーデを見つけて、余裕のある着こなしをしましょう。

女性30代からの服選び

20代のオシャレって意外と簡単ですよね。
なぜなら、若い人向けの雑誌に載っているアイテムは購入しやすく、そして流行りも一目瞭然
ただ、30代になると若いままやるとイメージが若くなりすぎたり、年相応に見えない服装になってしまいます。
また、30代が見るファッション雑誌になると、ブランド物が増え一着の値段が高い・・・
結構、ここで悩まれている人が多いですよね
そこで、ご紹介するのはテーラードジャケット×細目のパンツ
テーラードジャケットは、いろいろなブランドが定番で出しているジャケットで値段もピンキリ。また、流行りなどもなく一着持っていると、着回しがしやすいアイテムです。
パンツは細目で色が過激なものを避ければOK
素材も、デニム、スラックス、スェットと幅広く相性が良いのもテーラードジャケットの良さ。
そして、嬉しいことがキレイ目に見えるから、丁度いい大人感を演出できます。
インナーのシャツは、Tシャツ、ブラウス、シャツなど自分が出したい雰囲気に合わせればOK!
カジュアルに見せたいのであれば、ワイドサイズのプリントシャツ
大人感を出し、ビシッと決めたい場合はシャツ、無地のTシャツで合わせれば問題なしです。

年齢と共に服選びは客観的になる

若い20代の頃は、それこそ自分の好きなデザインや色の洋服を選んで買っていました。特に自分に似合う色合いだとかデザインは難しく考えずにとにかく好きな物を好きに着て自分を突き進んでいたと思います。それは年を取っても変わらず自分の好きな洋服を着ることを貫くものだと信じていました。

アラフォー以降の大人の女性達は何だかイマイチ地味というか、遊び心が無いファッションをしがちだなぁと感じていました。そしていざ自分が30歳を過ぎてからというもの、これまで何も気にせず好みの洋服を選んでいましたが、若い頃の洋服選びをしていたら段々と違和感を感じる様になりました。

顔色がどんよりとくすんできたせいかもしれませんが、20代の頃沢山着ていた淡いパステルカラー系の洋服を着ていると益々顔色が悪く見えたのです。なので黒やビビッドカラーの服を着てみたらパっと顔色が明るくなりました。

リボンやフリル等の飾りが付いたデザインもやっぱり変に浮いてしまって、ちょっと痛々しい印象に見えてしまいました。なので今では洋服選びは好みよりも鏡でしっかりとチェックして、今の自分に似合っているかどうかを冷静に客観視する様になりました。勿論、その中でも好みの洋服を選ぶことは変えていません。

ママコーデのポイントは周囲との調和

太ったママコーデには大きいサイズのオーバーオールがのポイントは周囲とのバランスだと思っています。それは住んでいる場所によって、かなり変わってくるので、一概には言えないのですが、着る服のブランド、色合いなど、周囲に合わせておく方が無難なような気がします。とはいえ、全部、それではつまらないので、自分がしたいおしゃれは何か1つに絞りましょう。そうすると、それは個性になって、良い印象を周囲に与えられるかもしれません。靴が好きな方は靴を、アクセサリーや時計が好きな方はそれらを、分かる人にしか分からないようなものをおしゃれのポイントに持ってくると、思うようなおしゃれはできていなくても心が満たされ、かつ、同じような価値観や好みのママと親しくなれたりもして便利です。思うに、ママ同士の付き合いは、子供の生活にも影響するので、私はこう思う、私はこうしたいだけではうまくいきません。おしゃれもまたそれと同じで、ママであるのなら、子供の助けになるスタイルが良く見える大人ナチュラルなスキニーパンツでいたいものです。人間は中身だとよく言いますが、実際のところは、第一印象や見た目に左右されるのが人間です。先生、ママ友内で差がつくオシャレな大人のワンピース、子供のお友達に対して、見せたい自分でいられる今年っぽいレギンスファッションを大きいサイズで楽しみましょう。おしゃれが好きな方であれば、それもまた、楽しめるだろうと思います。

きれいめコーデのこだわり

大人ナチュラルなきれいめコーデは上品なコートを非常に簡単におしゃれなスタイルを作ることのできるおすすめのスタイルです。
きれいめコーデをするために大きいサイズのコートを秋冬に高価なアイテムは必要ありません。モノトーンを意識して、派手すぎないように、少しずつドレスな要素を入れるといいでしょう。自分の場合は基本的にきれいめにするのが好きなので、色味は1~2色くらいにまとめて差し色を入れる程度にしています。柄物は一気にカジュアルになってしまうので、あまり選ぶことはありません。柄物にする場合も、全体で色が少なくなるように、似た色のアイテムとまとめることできれいな印象を出すように心がけています。シルエットとしては、俗にいうYラインやIラインを作ることが多いです。総じて足元は細めに、黒のボトムスやシューズを履くことでシュッとした印象にすることで、カジュアルになりすぎないように気をつけています。トップスに関しては、Tシャツだけやトレーナーなどのカジュアルなアイテムよりも、シャツやセーターのようなドレスなアイテムのほうが好んで身につけることが多いです。ただ真夏にはTシャツを着ることも多いです。そういうときはなるべく色味や素材感などできれいな印象を持ちやすいアイテムを選ぶことが多いです。

近頃見つけたおしゃれなコーディネート

最近は、コーディネートの参考に大きいサイズの読者モデルさん達をする際に雑誌を見るという行為よりも、インスタグラムやWEARなどのアプリを参考にすることが多くなりました。雑誌ですと、現実離れしたスタイル抜群なモデルさんが服を着ているため何を着ても基本的に様になるというか、、、おかしくないというか。だから、ある意味普通の人たちのコーディネートは取り入れやすく見ていてとても勉強になります。最近見ていておしゃれだな〜と思う40代の女性のシンプルなコーデをたお洋服を紹介します。まず、サイズ感やバランスが合っているお洋服です。ビッグシルエットやゆるめなお洋服も流行っていますがらビッグでも、袖の長さや着丈がバランスが良かったり、もたつきがないのがおしゃれに綺麗に着こなせます。次に、自分に合う服です。いくら流行でも残念ながら似合わない服があります。だから、ベーシックで上質な物を大切に着ている方をみると、おしゃれな服に見えます。最近だと、無地のシンプルなTシャツがすごくおしゃれに見えたことがありました。また、最近は個人的に、モノトーン過ぎるより、色が入っている服を着ていると鮮やかでおしゃれだと感じます。華やかな色も好きですし、くすんだグレージュやダスティピンクやダスティブルーなどの少しグレーがかった色も素敵だと思います。そんな色のお洋服を着ている方を見ると、素敵だなあと思わず観察してしまいます。

特にサイズにこだわるのが大切!

40代50代のオシャレな淑女の皆さん。普段着るものにはきちんとこだわっていらっしゃいますでしょうか?40代50代になると社会的にも立場が上の方になられる方が殆どです。会社ではビシっとできる女風でカッコいいけど、私服はダサいとか、社長なのにだらしが無いとかいうことになると自分の社会的な評価の下落にも繋がってしまいます。そこで、40代50代の皆さんは特に「サイズにこだわる」というところをお勧めしたいです。その中でも「清潔感のあるサイズ選び」が重要です。40代50代になってくると体型も若いころとは違い、出るところが出た体型になって来るのが自然です。そこで、トップスは「大きすぎる物を選ばない」ということが大切です。お腹の事を気にしすぎるあまり、「肩が落ちたようにトップスを着こなす」と清潔感が感じられなくなります。自分の肩にピッタリ合ったものを選ぶようにしましょう。そして、ボトムですがこちらも同じです。「休日の私服くらい楽なサイズにしたい」と思いがちなのが40代50代の女性です。ここでも、敢えて「ちょっとキツイ」というサイズを選ぶようにしましょう。清潔感はかなり変わります。さていかがでしたでしょうか?ファッションと言うのは「周りからどう見えるか?」を基準に考えるものです。まずは自分に喝を入れて「ちょっと頑張る」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

服を購入するときの2つの決め手

服を購入する際の決め手は2つあります。1つめは着心地です。着心地が悪い服では着ていて不快感があります。おしゃれなデザインの服を着ていると気分が楽しくなってきますが、たとえおしゃれなデザインでも着心地が悪いと着心地の悪さにばかり意識が向いてしまうので、着ていて楽しい気分にはなれません。ほぼ1日中着用しているものなので着心地にはこだわりたいです。着心地よい服を選ぶために意識していることが素材です。化繊はつるつるしていて私にとって触り心地がよく感じられません。綿素材は柔らかい風合いと自然な感じがして好きです。そのため、服は綿100%を選ぶようにしています。服を購入するもう一つの決め手は洗濯のしやすさです。普段から頻繁に着るものはよく洗濯をします。服をよい状態で保つためには洗濯が大切なので、洗濯しやすいということは服を選ぶときには重視しています。ウールやレーヨンなどは洗濯機で洗えないことがあるので、こういったものはお手入れが面倒で自然と着る機会が減ってしまいます。それに対し、綿素材は洗濯機で洗えるものが多いのでお手入れが楽で、普段からたくさん着ることができます。できるだけ楽をしたいので洗濯のしやすさは重要です。